ガルーダ・インドネシア航空、羽田~ジャカルタ線を12月に一部運休

ガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia)は、12月中の羽田~ジャカルタ線の一部便を運休すると発表しています。

ガルーダ・インドネシア航空公式サイトより
ガルーダ・インドネシア航空公式サイトより

理由として機材繰り及び需要動向をあげていて、対象となるのは以下のフライト。

羽田発 ⇒ ジャカルタ行き(GA875便)
12月3日(火)、8日(日)、12日(木)

ジャカルタ発 ⇒ 羽田行き(GA874便)
12月2日(月)、7日(土)、11日(水)

GA874/GA875便(ジャカルタ-羽田)の12月 一部運休について – Garuda Indonesia

ガルーダ・インドネシア航空は関西~デンパサール線についても12月中は以下のフライトを運休とすることを既に発表済みです。

関空発 ⇒ デンパサール行き(GA883便) 
12月3日(火)、8日(日)、15日(日)、19日(木)

デンパサール発 ⇒ 関空行き(GA882便)
12月3日(火)、8日(日)、15日(日)、19日(木)

また同社は、中部~ジャカルタ線を冬期スケジュールよりこれまでの週4便から週2便にするなど、日本路線では今年10月以降は運休・減便が相次いでいます。

ガルーダ・インドネシア航空