タイ、12月28日~1月1日は国立博物館、アユタヤ歴史公園、スコータイ歴史公園などが入場無料に

年末年始はタイの国立博物館や歴史公園に無料で入場できます。

タイ文化省芸術局(The Fine Arts Department)が本日発表したもので、対象日は2019年12月28日(土)~2020年1月1日(水)の5日間。

タイ文化省芸術局公式サイトより
タイ文化省芸術局公式サイトより

期間中、バンコク国立博物館をはじめとしたタイ国内全ての国立博物館とアユタヤやスコータイなどにある歴史公園がタイ人・外国人を問わず無料で開放されるとのこと。

関連リンクFree entry into museums, historical parks Dec 28-Jan1 – Nation Thailand



対象となる施設・公園一覧

国立博物館(国内全施設)
アユタヤ歴史公園(アユタヤ県)
スコータイ歴史公園(スコータイ県)
シーサッチャナーライ歴史公園(スコータイ県)
カムペーンペット歴史公園(カムペーンペット県)
プラナコーンキリ国立歴史公園(ペッチャブリー県)
ムアンシン歴史公園(カンチャナブリー県)
パノムルン歴史公園(ブリーラム県)
ピマーイ歴史公園(ナコンラーチャシーマー県)
シーテープ歴史公園(ペッチャブーン県)
プープラバート歴史公園(ウドンターニー県)
サドックコックトム歴史公園(サケーオ県)

これら施設・公園は通常でも入場料は数十バーツ~200バーツ程度とそれほど高額ではないものの、ちょっとした新年のプレゼントという感じでしょうか。