台湾、入国時に健康調査票の提出を義務付け

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受け、台湾は旅行者に対して入国時に健康調査票(防犯新型冠狀病毒肺炎旅客入境健康聲明卡, the Novel Coronavirus Health Declaration Card)の記入・提出を義務付けたとのこと。

当初は中国本土、香港、マカオからの旅行者に限定されていましたが適用範囲を拡大。チャイナエアライン公式サイトでは1月29日付けのお知らせとして以下のアナウンスを行っています。

チャイナエアライン公式サイトより

【台湾にご旅行されるお客様へ】 | チャイナエアライン

なお、同社及び子会社のマンダリン航空では2020年1月24日以前に発券された中国本土及び香港発着路線の航空券について、一定の条件を満たせば予約変更や払い戻しを手数料無しで可能にしたことも併せて発表しています。詳細は以下よりどうぞ。

新型コロナウイルス関連肺炎発生に伴う航空券のお取扱いについて | チャイナエアライン