タイ・エアアジア、国際線全便を運休 3月22日より

格安航空会社のタイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2020年3月22日(日)から2020年4月25日(土)まで国際線全便を一時運休すると明らかにしています。

エアアジアニュースルームより
エアアジアニュースルームより

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各国政府や保健機関が入国制限を強化したことを受けての措置で、同社(FD便)の国内線についてはこれまで通り運航を続けるとのこと。



運休期間中の航空券を予約済の場合、以下の3つから選択が可能(3月20日までに予約された航空券が対象)。

1.日程変更:
同ルートの別の日程のフライトへの変更(1回のみ、当初の搭乗日から180日以内)。変更にかかる手数料は無料。運賃の差額も免除。空席状況による。

2.クレジットアカウント:
予約金額相当分のクレジットをエアアジアBIGのアカウントに返還。クレジット付与から365日以内にエアアジアのフライトの予約に利用可能。搭乗日についてはそれ以降でも可。

3.全額返金:
予約時に支払った金額と同額の払い戻し。

◇ ◇ ◇

タイのLCCでは既にタイ・ライオンエア(Thai Lion Air)が3月25日より国内線を含め全便運休することを発表していますが、タイ・エアアジアは国際線のみとなっていますのでご注意下さい。

関連記事タイ・ライオンエア、国内線・国際線の全便運航停止を決定 3月25日より

返金方法など詳細は以下のプレスリリースよりどうぞ。

Travel Advisory: Thai AirAsia (FD) temporarily suspends all International Flights, and continues Domestic Operation as normal. – AirAsia Newsroom