フィリピン・エアアジア、6月3日より国内線の運航再開

格安航空会社のフィリピン・エアアジア(Philippines AirAsia, Z2)は、6月3日よりマニラ~セブ線やマニラ~ダバオ線など国内主要路線の一部を再開すると発表しています。

エアアジア・ニュースルームより
エアアジア・ニュースルームより

AirAsia announces resumption of PH domestic flights on 3 June 2020



6月3日に就航するのは以下の9路線。今後、徐々に路線数・便数を増やしていくとともに国際線についても7月1日までには開始予定とのこと。

Z2 775/776 マニラ⇔セブ
Z2 613/614 マニラ⇔ダバオ
Z2 331/332 マニラ⇔タクロバン
Z2 691/692 マニラ⇔カガヤン・デ・オロ
Z2 605/606 マニラ⇔バコルド
Z2 358/359 マニラ⇔タグビララン
Z2 975/976 クラーク⇔タクロバン
Z2 911/912 クラーク⇔カガヤン・デ・オロ
Z2 480/481 クラーク⇔ダバオ

各便共に機内ではマスクの着用が義務付けられているほか、機内持ち込み荷物は高さ40cm×幅30cm×長さ10cm以内のもの1つに限定されるなど通常とは異なる規則が適用されます。なお、マニラ(ニノイ・アキノ空港)発着便についてはこれまでのターミナル4から一時的にターミナル3利用となります。

エアアジアグループでは既にエアアジア(AirAsia, AK)、タイ・エアアジア(Thai AirAsia, FD)、エアアジア・インディア(AirAsia India, I5)が国内線をスタート。さらに、インドネシア・エアアジア(Indonesia AirAsia, QZ)も6月8日より定期便を再開予定です。

[TERKINI 29 MEI 2020] Pengoperasian Kembali Penerbangan Berjadwal AirAsia Indonesia

これで、6月30日までの運休が決定しているエアアジア・ジャパン(AirAsia Japan, DJ)を除くグループ各社が国内線の運航を開始することになります。

エアアジア