インドネシア・エアアジア、ドライブスルー方式の新型コロナ抗体検査を約700円で提供

格安航空会社のインドネシア・エアアジア(Indonesia AirAsia)は、本日7月25日よりジャカルタのスカルノ・ハッタ空港を利用する乗客向けにドライブスルー方式の新型コロナウイルス抗体検査を提供すると発表しています。

料金は95,500ルピア(約700円)で、検査場所はスカルノ・ハッタ空港敷地内にあるSoewarna Business Park。検査を受けるためにはエアアジアのフライト予約番号と身分証明書が必要となります。受付時間は午前4時~午後8時まで。



検査場所の地図。

検体を採取後、結果は10~15分程度で判明。陰性の健康証明書は最長14日間有効。

登録及び料金支払い(5分程度)

検査及び結果判明(10~15分程度)

同社は現在ジャカルタ発着でバリ(デンパサール)、ロンボク、ジョグジャカルタ、スラバヤ、メダンの5路線を運航中。今後ジャカルタ以外の他の就航都市にも同様のサービスを拡大していくとのことです。

AirAsia hadirkan layanan Drive-Thru Rapid Test bagi pelanggan yang berangkat dari Bandara Internasional Soekarno-Hatta | AirAsia Newsroom