スクート、8月よりクアラルンプール線及びソウル線を再開

シンガポールの格安航空会社スクート(Scoot)は8月より運航路線を拡大し、シンガポール~クアラルンプール線及びシンガポール~台北~ソウル線を再開すると明らかにしています。

スクートのボーイング787型機

同社は既にシンガポール発着で台北、香港、広州、南京、パース、スラバヤ、イポー、クチン、ペナンへの路線を運航中。上記2路線を加え、8月中は計11路線での運航となります。



クアラルンプール線及びソウル線の8月のフライトスケジュールは以下の通りです。

シンガポール⇒台北(桃園)⇒ソウル(仁川)
TR880 SIN09:15 TPE14:00 ※
TR880 TPE15:00 SIN18:35 ※
(※運航日:8月16日、21日、23日、28日、30日)

ソウル(仁川)⇒台北(桃園)⇒シンガポール
TR881 ICN09:40 TPE11:20 ※
TR881 TPE12:20 SIN16:50 ※
(※運航日:8月16日、21日、23日、28日、30日)

シンガポール⇒クアラルンプール
TR466 SIN19:30 KUL20:35 ※
(※運航日:8月7日、14日、21日、28日)

クアラルンプール⇒シンガポール
TR467 KUL21:30 SIN22:45 ※
(※運航日:8月16日、21日、23日、28日、30日)

使用機材はソウル線はボーイング787-9、クアラルンプール線はA320neoを予定。今回再開するソウル線は台北経由のため、台北線は実質増便という形になります。

現在同社は機内持ち込み荷物を3kgまでに制限していますが、受託手荷物は7kgまで追加料金は不要。また、9月30日までの予約は手数料無料で日程の変更が可能です。

お客様の安全が第一です | スクート