シンガポール航空が11月の運航スケジュールを発表 関空線は増便予定

シンガポール航空(Singapore Airlines)及び子会社のシルクエアー(Silk Air)は、2020年11月分の運航スケジュールを発表しています。

シンガポール航空公式サイトより
シンガポール航空公式サイトより

それによると、日本路線については10月までと同様に運航路線は成田線及び関空線の2路線に留まるものの、関西線は週2便から週3便へと増便。一方、成田線はこれまで通り週3便を継続する予定です。



11月分のフライトスケジュールは以下の通り(今後変更の可能性有り)。

東京(成田)⇔シンガポール
SQ637 NRT09:40 SIN16:30 日・月・水
SQ638 SIN00:20 NRT07:55 日・月・水

関西⇔シンガポール
SQ623 KIX23:20 SIN05:10(+1) 火・水・土
SQ622 SIN14:45 KIX21:50 火・水・土 

全路線の座席供給量も10月より若干増加し、新型コロナウイルス感染拡大前と比較して11%のレベルまで達する見込みとのこと。日本路線以外の運行状況など詳細については以下のアナウンスよりどうぞ。

Covid-19: Singapore Airlines and SilkAir Flight Schedules in August, September, October and November 2020