ホーチミンの地下鉄で使用される日立製車両が出荷

ホーチミン初の地下鉄となる都市鉄道1号線(ベンタイン~スオイティエン)で使用される日立製作所製の車両が本日ベトナムに向け出荷されました。

ホーチミンシティメトロfacebookページより
ホーチミンシティメトロfacebookページより

これら車両は10月8日にホーチミン市に到着予定で、その後、ロンビン駅近くに設けられた車両基地に搬送されるとのこと。



メトロ1号線はホーチミン1区中心部のベンタイン市場から東部9区のスオイティエンまでの約19.7kmを結ぶ路線。計14の駅が設置され、ベンタイン駅、市民劇場駅、バーソン駅の3駅が地下駅で残りの11駅は高架駅。現時点での開業予定は2021年末となっています。

ホーチミンメトロfacebookページでのアナウンスは以下の通り。

ベトナムでは首都ハノイでもメトロの開業準備が進んでいて、両都市市民にとって都市鉄道が一般的な交通手段になる日もそう遠くないでしょうね。