シンガポール航空がニューヨーク直行便を開設 所要時間18時間以上のノンストップフライト

シンガポール航空(Singapore Airlines)は、2020年11月9日よりチャンギ空港とニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港を結ぶ直行便を開設すると発表しています。

シンガポール航空facebookページより
シンガポール航空facebookページより

同社はコロナ禍以前にはシンガポール~ニューアーク線を運航していましたが、今回はより中心部に近いJFK空港への就航。所要時間はシンガポール発便が18時間5分、ニューヨーク発便は18時間40分と、現時点では世界で最も長いノンストップフライトとなります。

使用機材はエアバスA350-900(ビジネス42席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー187席)。予定されているフライトスケジュールは以下の通りです。

シンガポール⇔ニューヨーク (2020年11月9日~)
SQ24 SIN02:25 JFK07:30 月・水・土
SQ23 JFK22:30 SIN06:10(+2) 月・水・金

※SQ23便は11月11日より運航開始

Singapore Airlines To Begin Non-Stop Services To New York’s JFK International Airport