タイで隔離措置を受けた日本からの渡航者は累計1万人以上に これまでに陽性者は22人

新型コロナウイルスの感染が拡大した今年4月以降にタイに入国し、14日間の隔離措置を受けた日本からの渡航者が累計で1万人を超えたことが明らかになっています。

バンコクのスワンナプーム空港

地元メディアが報じているもので、11月17日時点でのタイ保健省のデータによると日本からの渡航者は計10,076人。このうちPCR検査で陽性となったのは22人で、陽性率は0.22%。



陽性率が低いトップ5はマレーシア(陸路入国)、中国、台湾、デンマーク、オーストラリアの順。

順位 国・地域名 入国者数 陽性者数 感染率
1 マレーシア 24,902 1 0.004%
2 中国 5,459 1 0.02%
3 台湾 8,676 3 0.03%
4 デンマーク 1,106 1 0.09%
5 オーストラリア 4,310 4 0.09%

(※マレーシアは陸路国境からの渡航者数)

一方、陽性率が高かったのはクウェート、南スーダン、サウジアラビア、パキスタン、スーダンの5か国。

順位 国・地域 入国者数 陽性者数 陽性率
1 クウェート 293 58 19.80%
2 南スーダン 269 50 18.59%
3 サウジアラビア 897 61 6.80%
4 パキスタン 381 19 4.99%
5 スーダン 674 26 3.86%

 
この他に主要国・地域の陽性率は、インド2.21%、アメリカ0.69%、シンガポール0.51%、香港0.39%などとなっています。

มาตรการกักตัวแบบ10วัน(+4) ประเทศเสี่ยงโควิดสูงหมดสิทธิ์ – โดยกรุงเทพธุรกิจ

なお、タイ保健省では感染リスクが低いと判断した国・地域からの渡航者に対する隔離期間を10日間に短縮することを計画していましたが、本日行われた新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)の本会議でこの提案は見送られ、当面はこれまで通り14日間を維持することになりました。