ビエンチャン~バンビエン間の高速道路、12月2日に開通予定

ラオス初の高速道路となるビエンチャン–バンビエン・エクスプレスウェイ(Vientiane–Vang Vieng Expressway)が同国の建国記念日である12月2日に開通予定です。

ビエンチャン
ビエンチャン

地元メディアが報じているもので、ビエンチャンからバンビエンまでの距離は約113km。最高速度はビエンチャン付近では100km/h、それ以外は80km/hで設計されていて、所要時間はこれまでの約4時間から1時間半程度に大幅に短縮されることになります。



全区間を利用した場合の高速料金は62,000キープ(約700円)を予定。まだ開通前ですが既に一部区間を走行している動画もYoutubeにアップされています。

ラオス政府は先日バンビエン~ルアンパバーン間の高速道路建設にもゴーサインを出したため、将来的にはビエンチャンからルアンパバーンまで高速道路だけで移動することが可能になります。また、現在建設が進んでいるラオスと中国を結ぶ鉄道も来年12月には完成予定。ラオスを取り巻く交通環境はここ数年で大きく変化しそうです。

Government Approves Vang Vieng to Luang Prabang Expressway – The Laotian Times
Feature: Laos eagerly anticipates opening of first expressway – Xinhua