エアアジアX、クアラルンプール―カトマンズ線を10月中旬で運休

格安航空会社のエアアジアX(AirAsia X)は、2018年10月12日をもってクアラルンプール~カトマンズ線から一時撤退することを明らかにしています。

10月13日以降のフライトを予約していた乗客には既に搭乗日の変更やキャンセルなど代替措置を取るよう連絡があったとのことで、公式サイトでも同日以降は予約ができない状態となっています。

エアアジア、クアラルンプール~カトマンズ線を運休
フライト検索画面

現在、エアアジアXはエアバスA330-300型機を用いて週2便のスケジュールで同路線線を運航中。

クアラルンプール⇔カトマンズ (2018年10月12日まで)
D7 192 KUL11:20 KTM13:30 火・金
D7 193 KTM14:45 KUL21:45 火・金

エアアジアXのエアバスA330-300型機
エアアジアXのエアバスA330-300型機

この区間はこの他にもマレーシア航空、マリンドエア、ネパール航空、ヒマラヤ航空が直行便を運航中ですが、LCC便は消滅することになりますね。

現地メディアによると、今回の運休の背景にはカトマンズのトリブバン国際空港側とエアアジアX側との金銭的なトラブルも一因としてあったようですが、エアアジア側の公式アナウンスが無いため真偽は不明です。

Air Asia X flight halted for non payments – The Kathmandu Post