バンコクエアウェイズ、4月よりチェンマイ―ルアンパバーン線を開設

タイのバンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)は、2019年4月2日よりチェンマイとラオスのルアンパバーンを結ぶ直行便を開設すると明らかにしています。

バンコクエアウェイズのATR72型機
バンコクエアウェイズのATR72型機

同社によるルアンパバーン発着のフライトはバンコク~ルアンパバーン線に次いで2路線目。

チェンマイ~ルアンパバーン線の運航は火・木・土の週3便で使用機材はATR72(エコノミー70席)。予定されているライトスケジュールは以下の通りです。

チェンマイ⇔ルアンパバーン (2019年4月2日~)
PG983 CNX16:30 LPQ17:45 火・木・土
PG984 LPQ18:30 CNX19:45 火・木・土

同区間の直行便は現在ラオス国営航空(Lao Airlines)がデイリー運航していますが、夏スケジュールでは月・水・金・日の週4便に減便される予定。そのため、4月以降は両航空会社で補完しあう形で1日1往復が運航されることになります。

Bangkok Airways