マレーシア航空、受託手荷物許容量を変更 国内線は一部有料に

マレーシア航空(Malaysia Airlines)は4月8日に受託手荷物許容量の改定を行ったことを明らかにしています。

マレーシア航空

これによって国内線の一番安い運賃タイプ、エコノミー・ライト(Economy Lite)では無料での預け荷物はできないことになりました。同社の国内線の座席・運賃タイプは以下の4種類。

国内線

座席・運賃タイプ 受託手荷物許容量
ビジネスクラス 40kg
エコノミー・フレキシ(Flexi) 25kg
エコノミー・ベーシック(Basic) 20kg
エコノミー・ライト(Lite) 無し

(※4月7日以前に予約した航空券については改定前のルールを適用)

国際線についても許容量の改定があり、以下のように変更されています。

国際線

座席・運賃タイプ 受託手荷物許容量
ビジネススイート 50kg
ビジネスクラス 40kg
エコノミー・フレキシ(Flexi) 35kg
エコノミー・スマート(Smart) 30kg
エコノミー・ベーシック(Basic) 25kg
エコノミー・プロモ(Promo) 20kg

(※メディナ及びジェッダ行きのエコノミークラスは一律30kgまで。4月7日以前に予約した航空券については改定前のルールを適用)

なお、マレーシア航空の機内持ち込み手荷物はエコノミー7kg、ビジネス14kg、ビジネススイート14kgまでとなっています。その他、受託手荷物許容量の詳細については公式サイトを参照して下さい。

How much is my free baggage allowance? | Malaysia Airlines