ウボンラーチャターニー空港~市内中心部~バスターミナルを結ぶ路線バスが登場

タイ東北部ウボンラーチャターニーで空港、市内中心部、バスターミナルを結ぶ路線バスの運行がスタートしています。

ウボンラーチャターニー空港と市内中心部を結ぶ路線バス
Ubon Ruamjai City Development facebookページより

名称はURCDシティバス(URCD City Bus)。運行時間は空港発便が午前7時20分~午後8時50分、バスターミナル発便は午前6時~午後7時50分。運行間隔は30分おきで運賃は一律20バーツ(約70円)です。(※プロモーション期間として2019年10月末までは無料で乗車可能)。



空港を出発し、市内中心部へ向かいトゥンシームアンからはウッパラート通り~チャヤンクーン通りを一路北上するというルート。バス停は全部で12か所あり代表的なものは以下の通りです。

空港 (Airport)
↓↑
サッパシットプラソン病院 (Sapphasit Prasong Hospital)
↓↑
YUUホテル (YUU Hotel)
↓↑
トゥンシームアン (Thung Si Mueang)
↓↑
テスコロータス (Tesco Lotus)
↓↑
スニーグランドホテル (Sunee Grand Hotel)
↓↑
バスターミナル (Bus Terminal)

ウボンのバスターミナル
ウボンのバスターミナル

空港から市内中心部、あるいは市内中心部からバスターミナルへといった利用方法だけでなく、空港に着いてからこのバスでバスターミナルまで向かい、そこからさらにラオスへの国際バスに乗り継ぐといった使い方もできそうです。

ウボンは空港は街中に近接しているものの、バスターミナルが北部郊外に位置しているため不便でしたが、このバスであれば外国人旅行者にも比較的使いやすいのではないかと思います。

ここ数年、タイの地方都市では空港と市内中心部を結ぶ新たな路線バスが各地で普及していて、移動手段がタクシーやトゥクトゥクなどしかなかった頃に比べると、より安く・簡単にアクセスすることができるようになっています。