スワンナプーム空港サテライトターミナルに巨大な象のオブジェを設置

バンコク・スワンナプーム空港のターミナル内には大きな鬼の像が立っていますが、来年オープン予定のサテライトターミナルでは象の親子のオブジェが旅行者の出発を見守ることになります。

タイ空港公社facebookページより
タイ空港公社facebookページより

ステンレスで造られた高さ7メートルと5メートルの2体の象のオブジェがこのほど完成。サテライトターミナルビル(SAT-1)3階の出発フロアに設置されました。今後、新たなインスタ映えスポットとしても話題を呼びそうです。



関連記事スワンナプーム空港の巨大な鬼の像 全部で何体あるか知っていますか?

メインターミナルの鬼(ヤック)の像
メインターミナルの鬼(ヤック)の像

象のオブジェ、搬入の様子。

サテライトターミナル(ミッドフィールドサテライト)は来年11月に供用開始予定。地上4階、地下2階建ての建物でボーディングブリッジ28基を完備。既存のメインターミナルとは地下を通る全自動無人運転車両(APM, Automated People Mover)で結ばれることになっています。

タイ空港公社公式サイトより
タイ空港公社公式サイトより