エアアジアグループ、ジャカルタ便の利用者に対して日程変更・払い戻しを可能に

ジャカルタ首都圏では12月31日から1月1日かけて降った豪雨により大規模な洪水が発生。中心部にあるハリム空港では一時空港が閉鎖されるなど影響が出ていましたが現在は運用が再開されています。

メインのスカルノ・ハッタ空港は直接の被害はなくスケジュール通り運行されているものの、市内各地で冠水が続いている上、今後も悪天候が予想されるなどの状況からエアアジアグループは同空港を発着する便の利用者に対して無料での日程変更や払い戻しをすると発表しています。

エアアジア・ニュースルームより
エアアジア・ニュースルームより

予約済みの日程では旅行が難しい場合、以下の3つのオプションが選択可能とのこと。

1. 日程の変更
搭乗予定日から30日以内。空席があることが条件。

2. クレジットアカウント
エアアジアグループのフライトで利用できるポイントとして払い戻し。有効期間は発行日から90日以内。

3. 払い戻し
手数料なしで全額を返金。

詳細については以下の公式アナウンスよりどうぞ。

Travel Advisory: Flood and Bad Weather Conditions in Greater Jakarta — AirAsia Newsroom