バンコクのBTSサパーンタクシン駅、今年半ばから複線化工事を開始 同駅は2年半以上閉鎖

バンコクのBTS(スカイトレイン)を運営するバンコク・マス・トランジット・システム社はシーロム線サパーンタクシン駅の複線化工事を2020年半ばから開始予定であると明らかにしています。

完成予想図(BTS公式サイトより)
完成予想図(BTS公式サイトより)

シーロム線は複線化されているものの同駅周辺のみ単線のままで、これがボトルネックとなり運行本数を増やすことができないでいました。複線化工事が完了すれば、運行間隔も現在の最短3分45秒間隔から2分間隔へと大幅に短縮できるとのこと。

公式サイト上でのアナウンスによると、工事は最短でも2年半(30か月)かかる予定。期間中はシーロム線自体は通常通り運行されるもののサパーンタクシン駅では停車せず乗降ができなくなります。

関連リンクบีทีเอสเตรียมแผนปรับปรุงสถานีสะพานตากสิน รองรับประชาชนระหว่างการก่อสร้าง | BTS Skytrain



工事はまずタクシン橋を片側1.8mずつ長さ250メートルにわたって拡張。その後、線路の複線化と駅ホームの2面2線化を実現。

なお、サパーンタクシン駅閉鎖期間中は隣駅であるスラサック駅から無料シャトルバスを運行する計画のようです。