ガルーダ・インドネシア航空、国内線の運航を一部再開

ガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia)は、本日5月7日より国内線の運航を一部再開すると発表しています。

ガルーダ・インドネシア航空facebookページより
ガルーダ・インドネシア航空facebookページより

インドネシアでは、4月24日から5月末までラマダン及び断食明け大祭(レバラン)期間を対象とした帰省禁止措置が取られていて国内移動を大幅に制限。ガルーダ・インドネシア航空も国内線を全便運休としてきましたが、今回、空路での移動が限定的にではあるものの緩和されることになります。

但し、在インドネシア日本大使館の情報によると、現時点で外国人が国内線を利用するためには乗継ぎ予定の帰国便の航空券及び新型コロナウイルス非感染証明書等の提示が必須とのことです。

帰省禁止措置に伴う国内移動制限(空路での国内移動の限定的な再開) | 在インドネシア日本大使館

NFORMATION ABOUT OPERATIONAL POLICY DUE TO THE IMPACT COVID-19 OUTBREAK – Garuda Indonesia