ベトナム航空、日本路線の運航計画変更 10月24日までの全便運休を決定

ベトナム航空(Vietnam Airlines)は、日本~ベトナム間の定期便について運航計画を変更し、夏季スケジュール期間中の全便運休を決定したと明らかにしています。

ノイバイ空港に駐機中のベトナム航空機
ノイバイ空港に駐機中のベトナム航空機

ベトナム発⇒日本行きフライト(全区間): 3月23日~10月24日まで全便運休
日本発⇒ベトナム行きフライト(全区間): 3月23日~10月24日まで全便運休



同社は、日本路線としてこれまでハノイ発着で5路線(成田、羽田、中部、関西、福岡)、ホーチミン発着で4路線(成田、中部、関西、福岡)、ダナン発着で2路線(成田、関西)の計11路線の定期便を開設していましたが、新型コロナウイルス感染拡大後の3月23日からは全便運休。今回の決定で合計での運休期間は実に7か月間に及ぶことになります。

なお、夏季スケジュール期間中でも各政府機関の要請に基づき日越両国政府承認による特別な運航は事前告知なく行う場合があるとのこと。詳細については以下公式アナウンスよりどうぞ。

【ベトナム=日本路線 定期便夏季スケジュール運休のお知らせ】 (PDF)