バンブーエアウェイズ、ハノイ発着で台北及びソウルへの定期便を再開 日本路線の開設も計画

ベトナムのバンブーエアウェイズ(Bamboo Airways)は、ハノイ~台北線及びハノイ~ソウル線を再開することを明らかにしています。

バンブーエアウェイズ

台北線は9月29日より、ソウル線は10月7日よりそれぞれ週1便を運航。使用機材は台北線はエアバスA321neo、ソウル線はボーイング787-9。予定しているフライトスケジュールは以下の通りです。

ハノイ⇔台北(桃園 (2020年9月29日~)
QH510 HAN13:00 TPE17:30 火 
QH511 TPE19:30 HAN22:20 火

ハノイ⇔ソウル(仁川) (2020年10月7日~)
QH510 HAN23:50 ICN06:25(+1) 水 
QH511 ICN08:00 HAN10:45 水

また、現地メディアの報道によると同社は11月以降にホーチミン~成田線及びハノイ~成田線への就航も計画しているとのことです。

Bamboo Airways poised to expand international services – VnExpress