シンガポールのチャンギ空港、期間限定でテント泊が可能に

シンガポールのチャンギ空港(Changi Airport)は、空港内でテント泊ができるサービスを11月20日より期間限定で提供します。

チャンギ空港公式サイトより
チャンギ空港公式サイトより

対象期間は2020年11月20日~2021年1月3日。キャンプ場所はチャンギ空港の複合商業施設ジュエル内のクラウドナインプラザ(Cloud9 Piazza)及びフォレストバレー(Forest Valley)。各テントは大人4名または大人2名と子供3名に対応。



宿泊時、シャワーは同じジュエル内にあるホテルYotelの施設が利用可能。ジュエル内の各施設やイベント(スパークリング・クリスマス)への入場券、飲食店・ショップの割引券、ウェルカムバスケット、駐車代などを含み料金は1テントにつき平日320シンガポールドル(約25,000円)、週末は360シンガポールドル(約28,000円)。日中のみ利用する場合は160シンガポールドル(約12,500円)からとなっています。

また、これ以外にチャンギ・エクスペリエンス・スタジオ(Changi Experience Studio)ではA Night at the Airportと題してテント泊込みの空港体験ツアーも用意。こちらの開催期間は11月21日~12月21日。

チャンギ空港公式サイトより
チャンギ空港公式サイトより

詳細・予約はそれぞれ以下よりどうぞ。

Glamping in the Clouds & Forest Valley | Singapore Changi Airport
A Night at the Airport | Singapore Changi Airport