マレーシアのラヤニエアが定期路線の運航を開始 KLIA2発着でランカウイ島とコタバルの2路線

シェア

マレーシアで設立されたばかりの航空会社、ラヤニエア(Rayani Air)が2015年12月20日より定期路線の運航を開始します。

http://www.rayaniair.com

ボーイング737-400型機を使い、まずはクアラルンプール~ランカウイ島及びクアラルンプール~コタバルの2路線を開設。

フライトスケジュールを確認すると、航空会社の2レターコードはRN、運航本数はランカウイ便が1日1~2便、コタバル線が1日2便となっています。

受託手荷物はエコノミー20kg、ビジネス40kgまで無料。さらに機内食も提供されるとのこと。但し、シャリア準拠の航空会社として、機内ではアルコール類や豚肉などイスラム法で禁止されているものは一切扱わないようです。

ラヤニエアのボーイング737-400型機。

facebookを見ると、今後はクチンやコタキナバルへも路線を拡大する予定。当初はランカウイ島をベースにするという話だったのですが(関連記事)、現在の計画ではKLIA2発着路線がメインになっていますね。

スポンサーリンク