ANA、バンコク行きは7月31日まで全便運休を決定

ANAがバンコク線の運航計画を変更し、7月16日より再開予定だった羽田発バンコク行き(NH847便)について7月31日までの全便運休を決定しています。

ANAのボーイング787型機

これによって、同社のバンコク行きフライトの再開は早くても8月以降ということになります。なお、バンコク発羽田行きについてはこれまで通り1日1便(NH850便)のみ運航を継続。



NH850便以外のANAのバンコク線は既に7月末までの全便運休が決定しています。

NH805 東京(成田) ⇒ バンコク 
NH849 東京(羽田) ⇒ バンコク
NH877 東京(羽田) ⇒ バンコク
NH806 バンコク ⇒ 東京(成田)
NH848 バンコク ⇒ 東京(羽田)
NH878 バンコク ⇒ 東京(羽田)

タイでは、7月1日より国際線での乗り入れが可能になりましたが、運航のための条件は厳しく定期路線を再開するのは難しい状況が依然続いています。

同社の今後の運航スケジュール詳細については以下公式サイトよりどうぞ。

運航に関する各種対応情報 | ANA

関連記事タイへの渡航のための手続き・必要書類など(2020年7月5日時点)