日本、シンガポールと「ビジネストラック」を開始 14日間の待機期間中もビジネス活動が可能に

日本政府は、シンガポールとの間で「ビジネストラック」を開始すると発表しています。

マリーナベイサンズ

ビジネストラックは主に短期滞在者向けのスキームで、入国後に課される14日間の自宅やホテルなどでの待機期間中も行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能になります。ビジネストラックに合意したのはシンガポールが初めて。



利用には事前に「活動計画書」の提出などが必要で、手続き受付は9月18日(金)より開始される予定。詳細については外務省の以下のアナウンスを参照して下さい。

シンガポールとの間の「ビジネストラック」について | 外務省

なお、長期滞在者向けの「レジデンストラック」は既にタイやベトナムとの間で運用を開始しているほか、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、台湾との間でも合意しています。

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について | 外務省