タイのラビットカード、BTS以外に7つの交通機関で使用可能

バンコクでBTS(スカイトレイン)に乗る際、交通系ICカードのラビットカード(Rabbit Card)を使っている方も多いと思いますが、現在このカードはBTS以外に以下の7つの公共交通機関で使用できるとのこと。

タイのラビットカード
ラビットカード公式サイトより


BRT

バンコク南部の専用レーンを走るバス。サトーン~ラーチャプルック間(約16.5km)に12のバス停。運行時間は午前6時~深夜0時。運賃は15バーツ。バスラピッドトランジット(Bus Rapid Transit)。

路線バス

マイクロバスを使ってバンコク~ナコーンパトム間で運行されているY70E系統(モーチット~サーラーヤー)のみ。運賃は50バーツ。

関連リンクY70EMicrobus | Facebook

RTCチェンマイシティバス (RTC Chiang Mai City Bus)

チェンマイ空港、旧市街、ニマンヘミン地区など市内主要スポットを巡回する路線バス。運賃20バーツ。運行時間は路線により異なるが空港を通るR3系統は午前6時~午後10時30分。

関連リンクRTC Chiang Mai City Bus | Facebook

RTCプーケットスマートバス (RTC Phuket Smart Bus)

プーケット空港からパトンビーチやカタビーチなど西海岸を通ってラワイビーチまでを結ぶバス。運行時間は午前6時~午後9時。運賃は50~170バーツ。

関連リンクPHUKET SMART BUS

RTCノンタブリーシティバス (RTC Nonthaburi City Bus)

バンコクに隣接するノンタブリー県中心部を周回する路線バス。6028系統(時計回りと反時計回りの2ルート)。運賃は一律24バーツ。

関連リンクRTC Nonthaburi City Bus | Facebook

チャオプラヤー川の渡し舟

プラチャン船着場~ワンラン船着場及びマハラート船着場~ワンラン船着場の間のみ。運行時間はプラチャン船着場~ワンラン船着場は午前5時~午後9時、マハラート船着場~ワンラン船着場は午前6時~午後8時。

関連リンクFerry Boat Service | Chao Phraya Express Boat

パーシーチャルーン運河ボート

プラトゥナーム・パーシーチャルーン船着場~ペッカセーム69船着場。運行時間は午前6時~午前9時及び午後4時~午後7時。運賃は15バーツ。

MRT(地下鉄)やエアポートレールリンクには使えず全体にローカル向けの交通機関が多いですが、チェンマイとプーケットの路線バスは旅行者でも簡単に利用でき便利ですし、パーシーチャルーン運河ボートは日本人に人気の高いワット・パクナム近くに船着場があります。

プラトゥナーム・パーシーチャルーン船着場
プラトゥナーム・パーシーチャルーン船着場

ラビットカードは日本のSuicaと同様にコンビニや飲食店などでももちろん使用可能。

代表的な店舗としてファミリーマート、スターバックス、マクドナルド、バーガーキング、サブウェイ、テスコロータス、ミニビッグC、マックスバリュータンジャイ、グルメマーケット、ダイソーなどが対応。対応店舗一覧は以下よりどうぞ。

Where to use Rabbit Card | Rabbit