ラオス、SIMカードの登録義務化 未登録SIMは使用不可に

ラオス政府は、2020年7月1日よりSIMカードの登録義務化を決定しています。

ビエンチャン・ワッタイ空港のSIM販売ブース
ビエンチャン・ワッタイ空港のSIM販売ブース

7月1日から11月30日までは登録期間(第1フェーズ)とし、現在使用中のSIMについては携帯キャリアショップなどで改めて登録作業を行う必要があります。また、新たに購入するSIMは事前の登録が無ければ使用できないとのこと。



未登録のまま放置した場合、12月1日~12月31日(第2フェーズ)は通話の受信はできるものの発信やインターネット接続ができなくなります。さらにそれ以降(第3フェーズ)は、該当のSIMは完全に使用不可に。

Laos to Enforce Nationwide Sim Card Registration | The Laotian Times
Phone users need to re-register SIM cards | Lao News Agency

ラオスではこれまでは街中の個人商店などでも手軽にSIMを入手できましたが、今後はプリペイドSIMカードを購入する場合でも他国と同様に身分証明書(外国人であればパスポート)の提示・登録作業が必須になりますのでご注意下さい。

関連記事ラオスでユニテルのSIMカードを購入 チャージやパッケージ加入方法など