MRTパープルラインが運賃大幅値下げ 最大20バーツに

バンコク首都圏で運行されているMRTパープルライン(MRT Purple Line)が2019年12月25日に運賃を改定しています。

MRT facebookページより
MRT facebookページより

これまでは乗車区間数によって14~42バーツとなっていたものを、改定後は14~20バーツと最大で50%以上の大幅値下げ。新しい運賃体系は以下の通りです。

駅構内への入場: 14バーツ
乗車区間1駅: 17バーツ
乗車区間2駅~16駅: 20バーツ



当初発表では利用者の少ない時間帯のみ運賃を引き下げる計画でしたが、全ての時間帯・曜日に拡大適用しています。全線23km、約30分乗車しても20バーツ(約70円)というのはかなりお得感がありますね。

MRTパープルライン
MRTパープルライン

MRTパープルラインはバンコク北部及びノンタブリー県を走る路線で、タオプーン駅(PP16, BL10)でMRTブルーラインと接続。今回の運賃改定によって、ブルーラインからパープルラインに乗り継ぐ場合の運賃も最大48バーツまでに引き下げられています。