タイ航空、バンコク発着CLMV諸国向けの格安回数券を発売開始

タイ国際航空(Thai Airways International)は、CLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)を対象にした格安回数券、ワン・パス・ワン・プライス・バリュー・カード(ONE PASS ONE PRICE VALUE CARD)を発売開始しています。

タイ国際航空ONE PASS ONE PRICE VALUE CARD
タイ国際航空公式サイトより

これは対象路線のエコノミークラスに4回搭乗できるチケットで、料金はアウトバウンド用(バンコク発)で諸費用込み8,060バーツ(約29,000円)。1枚当たりにすると2,015バーツ(約7,200円)というお得な航空券となっています。販売期間は2019年12月10日まで。



利用可能な路線はいずれもバンコク(スワンナプーム)発着で、プノンペン、シェムリアップ、ビエンチャン、ルアンパバーン、ヤンゴン、マンダレー、ハノイ、ホーチミンの計8都市。タイ国際航空便だけでなく、系列のタイスマイル便も対象です。

上記8都市からバンコクへのインバウンド向けチケットも同じく4枚綴りで260米ドル(約28,300円)で販売中。

対象旅行期間は2019年11月11日~2020年5月31日まで(但し、2019年12月25日~2020年1月5日及び2020年4月10日~2020年4月15日は適用外)。各フライトの予約は搭乗の6時間前までに行う必要があるとのこと。

年末年始やソンクラーン期間中は使えないものの、有効期間は半年以上と比較的長いためバンコク在住の方やタイを中心に周辺各国を周遊しようと思っている旅行者には利用価値の高い回数券ではないかと思います。

なお、このチケットの申し込み・購入はオンラインではできずタイ国際航空各オフィスのみでの販売となります。使用条件など詳細は以下の専用ページよりどうぞ。

ONE PASS ONE PRICE VALUE CARD | Thai Airways